2019年04月15日 12:49

「オークションで落札した人から感謝の手紙が届いた…感動した」

 

VHSプレイヤーを購入した人からの手紙
ネットオークションで古い録画用のVHSプレイヤーを出品した人の元に、購入者から手紙が届いたそうです。

感動的だと海外サイトで話題を集めていた、その文面をご紹介します。

This person sold their VHS player on eBay and got a surprise letter in the mailbox. from r/pics

「私は最近古いVHSのテープを見つけ、内容を確認しようと思ったらプレイヤーがないことに気がつきました。そこでeBayを初めて閲覧したところ、あなたの出品を見つけたのです。

落札したあなたのVHSプレイヤーは数日で届きました。新品で未使用のように見えました。驚きました。プレイヤーのせいではなく、自分の問題で動かすのに少し問題がありました。私は86歳なのでこうしたものに慣れておらず、それでも最終的にはなんとかなるだろうと、そしてどうにかすることができました。VHSが完璧に動くことがわかりました。

本当にあなたのお心遣い、労力、その迅速さに感謝します。

それまで見たこともなかった25年前の、私の定年退職パーティのテープを見ました。なんて私たちは若かったのでしょう。

もうほとんどいなくなってしまった家族や友人の結婚式。
スキー、子どもの成長、旅行、そして大切な家族のゆるやかな成熟。どれも本当に楽しくて、すべてはあなたがVHSを売ってくれたおかげなのです。

あなたの出品によって、心から楽しんでる人がいることを知ったら、きっと喜んでいただけると思いお伝えしました。

ロイより」

なんてすてきなお手紙。

ロイさんにとって、どれだけ大切なビデオテープだったのか伝わってくる文面ですね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●86歳の男性が、25年前の自分や知り合いがいかに若かったかを述べているのは、心温まるものがある。

↑今28歳で、既に長く生きた気がしていて、30代に突入することを恐れている。でもこの男性はすでに定年後だけで僕の人生分を生きている。いろいろ考えさせられる。

↑今年30歳になるけど、とても怖い。でもこの手紙はちょっと助けになる。

↑5年前に30歳になったけど、大丈夫だよ。

↑今年27歳になるけど「しっかりするための時間がなくなっていく」感覚がある。シンプルに「大丈夫」と言われるのはありがたい。

↑40代、50代、60代でまだ人生をどうするか決めていない人々を知っているよ。恐れるものではない。「時間がなくなっていく」ことに集中するほど、今気にかけるべき周りの人々と人生を忘れがちになる。
自分も30代に突入することを恐れていたが、30代は何が来ても恐れず、そのときそのときを生きたので、最も楽しかった時代である。
だからパニックしないように。大丈夫だから。「しっかりする」ためにはまだまだ何年もある。

●うわ……自分のおじいちゃんが恋しいよ。

●eBayで何百もの製品を売ったが、本当にひと握りの人だけがフィードバックをくれて、それはとても良いものだよ。
ある日、デザイナーの財布を購入した高齢の女性から感謝の手紙を郵便で受け取った。彼女はあまりに気に入ったので、手書きのカードを送らずにいられなかったそうだ。1年くらい前の話だが、今でも一番のお気に入りの思い出。

●とても良い話だけど、誰かこの人にVHSをDVDやHDDに替えるように伝えてあげてほしい。VHSはほとんど終わりに近づいているからね。

●この手紙はインクでサインしてあるね。EメールでもeBayでもなく、正直な良い手紙だ。

●誰かが時間と労力を使って、小さなことで手紙を書くとき、人はどんなに優しいんだってことを思い出す。


若いかどうかは、心の持ちようひとつなのでしょうね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(4)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。