2019年05月07日 22:20

「切れた電線が落ちた歩道が…おかしな色になっていた」

 

電線が落ちた歩道00
現代の生活に欠かせない電線ですが、事故で切れてしまうと大変危険です。

電線が切れて落ちた結果、歩道の見た目が様変わりした写真をご覧ください。

This sidewalk was melted into glass by a fallen live wire from r/mildlyinteresting

うわっ……。

化学の実験でもしたような毒々しい色……。

激しい火花が散っていたことが想像できますが、いったいなぜこんな色が付いたのでしょうか。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●どうして、そんなに多くの色になるの?

↑コンクリート内の、いろいろな素材が溶けたからだと思う。

↑ケーブルの金属が蒸発し、アーク放電による沈殿物のせいだと思う。

↑はっきりと赤、白、青が見えるので、それはケーブルの中の金属線を覆うカバーの色だね。ちなみに自分は電気やガスの作業員。

●リスだと思った。以前見たことがあるので。

↑いや、これは銅が溶けたものだよ。完全に道路を浸食している感じだけど。

↑今どきの大半はアルミ線だよ。古いものだけが銅線。

●模様がアートに見える。

↑リヒテンベルク図形。
電線が落ちた歩道01
リヒテンベルク図形 - Wikipedia

●鳥が犠牲になったのかと思った。

●フィラデルフィアでこれを見たかも。

(投稿者)その通りだよ。


色はケーブルのカバー部分が熱で溶け出したものではないかとのことです。

切れた電線を見かけたら絶対に近づかず、速やかに電力会社に連絡しましょう。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(1)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。