2019年05月15日 00:21

「ガス漏れ!?」オーストラリアの大学で550人が避難する異臭騒ぎ→原因はドリアンだと判明

 

異臭騒ぎの犯人はドリアン00
オーストラリアの首都にあるキャンベラ大学で、5月10日に550人が避難する異臭騒ぎが起きました。

駆けつけた消防隊が施設をくまなく調査したところ……原因は果物のドリアンだったとのことです。

University of Canberra Library

異臭騒ぎの犯人はドリアン01
「事件」が起きたのはキャンベラ大学の図書館。

ガス漏れのような異臭がしたことから、わずか6分で550人が建物から退去しました。

職員はそのときの様子をFacebookで、「いつ構内に戻れるかの判断がつき次第、追って情報を更新します」と学生向けに伝えています。

緊迫した状況の中、調査に当たった消防隊はゴミ箱に捨てられたドリアンを発見。

速やかに取り除いたとのことです。

ただし異臭は簡単には消えなかったことから、図書館のFacebookには「犯人はドリアンであり、安全上の問題はありません」との追加情報が加えられました。

わかってしまえば笑い話ではありますが、ドリアンを捨てるときは気を付けないとトラブルの元ですね。

異臭騒ぎの犯人はドリアン02
ちなみに大学図書館のFacebookのプロフィール画像は、一時的にドリアン禁止に差し替えられています。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。