2019年05月22日 11:59

月は縮み続けている…NASAの探査機によって判明

 

月は縮んでいた00
月の大きさは地球のおよそ4分の1。地球形成とほぼ同時期に誕生しました(推定45億5000年前)。

NASAの無人月探査機「ルナー・リコナイサンス・オービター」の撮影画像を解析した結果、「月は縮んでいる」ことが明らかになりました。

Shrinking Moon May Be Generating Moonquakes(credit:NASA)

月は縮んでいた01
1万2000枚の画像を解析した結果、北極付近のクレーター「氷の海」が移動していることが確認されました。

月は地球のようなプレート運動がないため、これらのクレーターは活動していないと見られていました。

月は縮んでいた02
しかし徐々に冷却していくことで、表面に亀裂が発生し「痩せている」ことがわかったとのことです。

たとえるならブドウがレーズンのようにしなびている状態なのだとか。

ただし、縮むペースは数億年に50m程度。

われわれ人類が実感するのは難しいようです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(1)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。