2019年05月30日 00:18

ドイツでスピード違反をして撮影されたのに…「守護天使」に救われて罰金を免れる

 

ドイツでスピード違反を免れた理由00
ドイツでスピード違反をした人物が、自動速度違反取締装置によって撮影されました。

ところが「守護天使」に守られたことにより証拠不十分、罰金の支払いを免れたそうです。

いったい何が起きたのか撮影された写真をご覧ください。

German police: “Guardian angel” pigeon protected speeder

ドイツでスピード違反を免れた理由01
(Photo:Police NRW Viersen)

こちらが日本で言うところのオービスによって撮影された、スピード違反の証拠写真……。

ん!?

ドイツでスピード違反を免れた理由02
鳩が顔を隠してる!

ドイツの法律では、スピード超過したドライバーが完全に特定できないと罰することができないとのことです。

ちなみにスピード違反が認められていたら、罰金額は105ユーロ(約1万2800円)でした。

白い鳩は、聖書では「守護天使」や「神の使い」など縁起の良い動物。

地元のフィーアゼン警察は「神の導きかもしれないので、今回に限り罰金は科さない。ついでに白い鳩の速度違反も見逃すことにする」とコメントしています。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(9)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。