2019年06月04日 00:18

100歳のおばあちゃん、ドイツの地方議会選挙でトップ当選…気になる政策は?

 

キルヒハイムボーランデン
ドイツ南西部の町で、100歳の女性が地方議会選挙に当選しました。

世界最高齢の政治家となった彼女の掲げる政策とは……。

ラインラントプファルツ州キルヒハイムボーランデンは人口8000人の小さな街。

今年の4月に100歳を迎えたリーゼル・ハイゼさんが地方議会選挙に出馬すると、20人いる候補者の中で見事トップ当選を果たしたそうです。

ハイゼさんが掲げた主な政策は、2011年に閉鎖された屋外プールを復活させること。

かつて教師をしていた彼女は若い頃から水泳が得意で、プールが閉鎖したことを残念に思っていました。

以前にもプール再開を主張したことがありましたが、そのときはまともに取り合ってもらえなかったのだとか。

「多くの人が耳を傾けてくれるようになったのが、注目を集めたことのメリットだわ」と述べています。

その他に、若者や子どもたちの施設やクラブ運営などに力を入れたいなど、政治活動に意欲を燃やしているとのことです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(5)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。