2019年06月12日 00:13

米アラバマ州、仮出所する小児性犯罪者に「化学的去勢」が義務化…賛否両論の声

 

仮出所する小児性犯罪者に化学的去勢
アメリカ・アラバマ州で6月10日、13歳未満の子どもに対する性犯罪者が仮出所する際に「化学的去勢」を義務付ける法律が成立しました。

アメリカ国内では賛否両論の声が上っています。

「化学的去勢」は外科手術ではなく、薬物療法によって男性ホルモンを抑制し、性的関心が減退して性行為ができなくなるもので、投与を中止すれば元に戻る可能性もあるとのことです。

仮出所の1か月前から薬物の注射(または服用)を始め、裁判所が不要と判断するまで続ける義務があります。

アラバマ州知事は「アラバマ州の子どもたちを守るための1歩」だと述べています。

こうした法律が今後の主流になっていくのかはわかりませんが、支持する声と人権侵害の声の両方が上っているとのことです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(21)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。