2019年06月18日 12:50

「ひょう(雹)が降っても守ってくれそうな風船タイプの車カバーを見かけた…」

 

ヒョウから守ってくれるカバー00
海外には、ひょう(雹)が頻繁に降る地域があり、大きいものだとこぶしサイズもあるので被害は甚大です。

車などひとたまりもないのですが、ひょうさえも防御できそうな車のカバーが、海外掲示板で注目を集めていました。

Inflatable Garage, protects vehicle from hail. Crosspost

ヒョウから守ってくれるカバー01
なんと膨らませるタイプ。

これならひょうが降っても安心……かも!?

とは言え、直射日光の下では温室状態が不安になるし、真横に激しく飛び散るのではないかという怖さもあります。

実際のところはどうなのでしょうか。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●自殺バブルだな。

↑それはCOnvenient(便利)だな。
(※CO2=二酸化炭素のダジャレ)

↑正直に言うとなんか疲弊しそう。

↑疲労がその症状……健康チェックして。

●これを見て、退屈なガレージでの自殺の方法を考えてしまった。

↑小学校からやり直したほうがいい。

●車の避妊具かな? それだ!

●会議室でこのアイデアを売り込んでるところを想像してみよう。

(投稿者)きっとひょうと同じ重さの固体を持ってきて、役員たちの前で投げたにちがいない。

●どんなことがあっても車は守らなくてはいけない。

●ひょうがこれに当たる時、いろんな方向へマッハ1で飛び跳ねる。

●これはきっと、いたずらっ子や破壊者たちの気をちっとも引かないに違いない……たぶん。

●これは高額のダスト・シールドだ。うちのアメリカ車に使ってるよ。でもひょうからは保護してくれない。
ヒョウから守ってくれるカバー02
Car Capsule Original Car Storage Bubble

↑>この製品はとても頑丈で、うっかり5ポンド(約2.2kg)のハンマーを落としてもバウンドして落ちる。
これは誇大広告だっていうのかい?

↑思うにハンマーはテストされたときには、最高速度に達してないと想像。

↑きっと1cm上から落としたんだ。

●保管用だね。屋内で車やバイクをネズミやほこりなどから守る。

↑同じ会社でアウトドア用も作ってるよ、透明ではなく、もっと分厚い生地を使っているので値段も高い。


実際は雨風をしのぐためのものではなく、ホコリなどから保護するためのインドア用だとのことです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(3)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。