2019年06月19日 23:47

「脱獄囚に襲われた夫婦が絶体絶命のピンチ、でも意外な結末に…」というお話

 

脱獄してきた囚人の話
15年も服役していた凶悪犯が刑務所から脱走しました。

その脱獄囚は逃走中にとある家に侵入しました。

その家では若い夫婦がベッドで寝ていました。

A man escapes from a prison where he's been locked up for 15 years. He breaks into a house to look for money and guns.

脱獄囚はまず夫にベッドから出るように命令し、イスに縛り付けました。

次に妻をベッドに縛りつけ、馬乗りになると彼女の首にキスしました。そして立ち上がり、バスルームのほうへ行きました。

そのすきを見て、夫は声を潜めて妻に話しかけました。
「よく聞くんだ。あの男は脱獄囚だ。あの服を見てみろ! きっと長く服役した極悪犯に違いない。きっと何年も女を見たことがない飢えた野獣に違いない。奴が君の首にキスをしているのを見た。
もし求められても絶対に拒否したり、暴言を吐いたりしてはいけないよ。奴の言う通りにするんだ。どんなに気味が悪くても我慢してくれ。危険な男だから。
怒らせたらきっと僕たちは2人とも殺される。気を強く持ってくれ。ハニー、アイラブユー」

すると妻は、こう答えました。

「あの男は私の首にキスをしていたんじゃないわ。ひそひそとささやいていたのよ。彼は同性愛者であなたのことをとてもキュートだと言ったの。そしてワセリンがどこにあるのかを尋ねてきたので、バスルームにあると教えたところよ。
気を強く持ってちょうだい。ハニー、アイラブユー」

教訓:あらゆる状況でジェンダーフリーを想定すべき時代である。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(11)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。