2019年06月21日 12:55

「格安飛行機の地獄のような座席がついに現実のものに…いくらなら利用したい?」

 

格安飛行機の地獄のような座席
格安航空券は魅力がありますが、やはり値段を安くするためにはいろいろなサービスがカットされます。

以前から発表されていた、立ち乗り座席の実物モデルが公開されました。

快適さを完全に取り除いた感じの席をご覧ください。

Literal hell for budget flyers.(Standing seats) from r/assholedesign

うわー!

これは短時間でもつらそう。

自分が小柄だとしても、両隣が大柄な人だったら地獄のようなフライトとなりそうです。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●これを見て想像したのは、尾てい骨の圧迫と、ひざがロックされるという不快のバトル。

↑きっと男のプライベートな場所も圧迫される。

●乱気流によって去勢されてしまう。

●何が最低かって、このポジションのほうが墜落したときにサバイバルの可能性が増えるということ。とは言え不快には違いない。

↑これにより大勢が飛行機に乗るので、さらに多くの人が緊急出口をブロックする。

↑非常口は増やさないといけないね。全員が90秒以内に脱出できなければいけない。

↑宝くじを2枚買うと当たる率は増えるに違いないが、それでもほぼ外れる。墜落したときに助かる率が微妙に上がるかもしれないが、それでもほぼ死ぬ。

●良いジェットコースターの座席のようだ。

●これを航空会社がトライしたとしても、アメリカならFAA(連邦航空局)を通過できるとは思えない。出口に行くスペースがなさすぎる。

↑自分もそれを思った。ただ前が狭いところを座っているよりは快適に思える。少なくとも短いフライトならね。だけど人がすでにそこにいるとそこを通り抜けられないと思う。

●みんなそんなにお金がないのかい? いったいどういうことなんだ。

↑正直に言うと、それが1時間のフライトで10ドルくらいなら自分なら乗るよ。でもその座席に10ドル以上は支払いたくない。

↑座席:10ドル
預け入れ荷物:50ドル
食事:20ドル
チケット料:10ドル
立ち代:14ドル
税金:9ドル

↑ライアン航空は普通の座席で10ドルだぞ。

●これはなぜ?

↑お、か、ね。

●2時間くらいまでで狭いところなら、座っているより立っているほうが自分はいい。

●背の高い人は気に入るかもな、ハハハ。(見ているだけでひざが痛くなる。ちなみに自分は200cm)

●いったいどんな魂のない、愛のない人間がこれを考えたんだ?

↑きっと格安航空機に絶対に乗らない人。


長時間フライトには不向きですが、短時間で安ければ乗ってもいいという人もいました。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(21)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。