2019年06月27日 00:15

殺処分予定だったアメリカの野良猫…ネズミ退治の仕事を与えられる

 

ブルー・カラー・キャッツ00
人間に懐きにくい野良猫は、殺処分される確率が高いのが現実です。

アメリカの首都ワシントンD.C.の動物愛護団体が、そうした野良猫たちを救うため、一石二鳥のアイデアを考えました。

ネズミなどの害獣駆除の仕事を与えることにしたのです。

Blue Collar Cat finds home in Southeast D.C. - YouTube

動物愛護団体“The Humane Rescue Alliance”が考案した、野良猫たちによるネズミ退治プログラム「ブルー・カラー・キャッツ」。

首都ワシントンD.C.ではネズミの増殖が問題化しており、ネズミ捕り器や殺鼠剤の替わりとなるハンターたちを雇うことにしたのです。

依頼者はネズミ駆除の見返りに、定期的な食糧と水、雨をしのげる場所の提供が義務付けられるとのこと。

元野良猫は人間とは一定の距離を取るので、効率的に仕事をこなしてくれるだろうと期待されています。

すでにプログラムは実施されていて、250匹がネズミハンターとして活動中。今後は他の都市での導入計画が進められています。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(4)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。