2019年06月29日 21:49

フランスで45度超え、ヨーロッパ各地で記録的猛暑…海外の反応

 

フランスで45度を超える猛暑
現在ヨーロッパ各地が異例の熱波に見舞われており、フランス南部では6月28日に観測史上初めて45度9分を記録しました。

涼しいヨーロッパでは冷房施設などが整っていないところが多く、地獄の暑さだと悲鳴が上がっています。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

'Hell is coming': Western Europe braces for its hottest weather since a 2003 heat wave killed 15,000 people in France.

●今パリにいるけど、地元はオーストラリアでクリスマスに帰国したときは47度もあった。だけどヨーロッパのほうが暑く感じる。エアコンがないからだと思う。
(追記)ちょっとみんなから、なぜクリスマスに雪が降ってないんだとかのコメントがたくさん来てるが、南半球では季節が逆になることは知ってるよな? ジョークなのかわからず、君らを心配する。

↑自分もオーストラリア人でコペンハーゲン(デンマーク)に住んでいる。自分もすごく暑いと感じる。たった25度でなぜこんなに暑いんだ。ビルのデザインとか都市部に住んでいるからかな。

↑おそらく湿度だよ。乾燥したところなら気温が高くても気にならなくなる。だがデンマークじゃ20度後半でも暑い。

↑自分はデンマークで20度で死ぬ。砂漠で35度でも水さえあれば大丈夫なのに。

●ベルギーも暑さにうだっている。興味深くなって世界のどこで熱波が来ているのかを調べてみた。イラクがすごい。毎日の最高気温が47度だ。そして頻繁に停電し、ドアのハンドルはテープを巻かないとやけどするほどである。食べ物はすぐにダメになり、家族は真夜中にしか外に出られない。

↑インドもひどいよ。5番目に大きな都市の湖が乾燥してしまい、水を輸入して配給しなくてはいけない。そして水をもらうのに人々は何時間も外で並ばなければいけない。

↑同意。自分も死にそう。
ギリシャに先週と去年の7月に滞在したのだけど、気温は同じくらい。だけど今ムンバイ(インド)にいて、ギリシャでは海岸から涼しい風が来たのに、ここでは熱気が来る。

↑チェンナイ(インド)は水不足。ここの熱と水不足がどんな状況か考えてみてくれ。この都市には何百万人と住んでいるんだ。

●中東、特にペルシャ湾は、向こう15〜30年は黙示録的な暑さになると言われている。

●自分には自律神経の問題があって、暑い日には気分が悪く気絶したりする。昔は25〜30度くらいは大好きだったのだが、今は22度以上は耐えがたい。もし40度以上になったら冷たい水風呂につかるしかなく、文字通り命の危険を感じる。幸運にもアイルランドにいるので30度以上はまれである。

●もっと暑くなるの? 西ドイツの地元の都市ですでに38度だったのに……なんてこった。

↑フランスのいくつかの場所では45度らしい。フランスで45度は過去に超えたことがない。

↑フランスで30度以上の時、自分は「少なくともこれはオーストラリアほどの暑さじゃないな」と言い聞かせてきた。でも、フランス、申し訳ないけど、もう今はオーストラリアになっている。

↑フランスの温度計に45度以上ってあるの?

●休暇で南フランスに来ているが今日は37度だった。スコットランド出身なのでくそくらえだ。明日はもっと暑いらしく、もう外に出ずに水ばかり飲むことにする。雨ばかりの自宅に帰りたい。

●フランスだけど、本当にここは暑い。

↑暑くて眠れないよね? 扇風機を回してるけど、まだ暑い。

●こういうときは大勢が亡くなる。テキサス州で雪が降ると事故が増えるのと同じ理由である。ヨーロッパはこういう気候に慣れていない。ほとんどの場所でエアコンが不要だからね。

●天気予報もまだひどい……「この熱波がいつ終わるかわからない」。

●フランスは国家試験を延期したよ。あまりの暑さでね。学校は何百人も40度の中に閉じ込める準備はない。


日本人なら共感できることですが、特に湿度の高い地域が厳しいとのことなので、渡航予定がある人は注意してください。

フランスの猛暑は最低6日間は続くと見られており、被害の拡大が懸念されています。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(7)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。