2019年06月30日 18:30

亡くなった飼い主のベッドの横に座る犬

 

亡くなった飼い主のベッドの横に座る犬
飼い主へ大きな愛情を示す犬は多く、それだけに別れのときは胸がいたむものがあります。

飼い主が亡くなってしまい、ベッドの横で哀しみに暮れる犬の姿が、海外掲示板で話題を呼んでいました。

Dog sitting beside his deceased owner's hospital bed. from r/pics

大好きだった飼い主の姿はなくても、じっとベッドを見つめる犬。

きっと戻ってくると待っているのでしょうか。それとも、もういないことを理解しているのでしょうか。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●ああ、うちの妻の祖母はパグを飼っていて、祖母が病気の間ひとときも離れなかった。祖母が亡くなって数時間後に遺体は運び出され、パグはそのベッドルームドアでクンクンと鳴いていた。何が起こったかわかっていたと思う。最終的に僕たちが引き取ったよ。

↑よかった。ぐすんぐすんと泣けた。

↑その犬は高齢で太っていて、そしてハッピーでいるよ。今では妻のそばから離れない。

●犬がわかっているのかな。母親がホスピスにいたとき、犬たちを無理矢理離して食べさせなければならなかった。たいてい彼らはむさぼるように食べるのに。

●うちの妻と子どもが旅行に行ってしまい、僕とウィペットが取り残された。すると彼はもうマジックテープかのように自分から離れなかった。きっと「これが僕にとって最後のニンゲン」だと思ったのだろう。「ひとりで冷蔵庫は開けられないからな。このニンゲンを生かしておかなければいけない」とね。

(投稿者)この写真は3歳のラブラドールミックスでムースと言う。犬の保護センターが新しい飼い主が見つかるようにと、ニュージャージーで共有された写真。
ムースはもともと1年前に別の保護センターからもらわれていったが、最近飼い主がガンでなくなった。
その後、すばらしい家族に引き取られていった。

↑写真を見たときは悲しかったけど、もうハッピーになった。

●なぜ朝からこういう写真で私の1日を台無しにするのよ。

●もううちの犬が死ぬのを見たくはないけど、自分のすることで犬につらい思いもしてほしくない。

↑自分は隕石でも落ちて、犬と自分が全く同時に死ぬといいとさえ思っている。

↑それはどこに申し込めばいいの? いつか犬が自分ともう一生いられなくなると思うと悲しくなってきた。

●自分は犬に先に死んでほしい。自分は悲しみに耐えられるけど。彼らはひとりぼっちになるのには耐えられない。

↑もう冗談抜きに胸が痛い。病院のベッドの横にいる犬は今まで見た最も悲しい写真だった。クリックしたことを後悔しているよ。

●犬は飼い主のために永遠に待つんだ。彼に愛情をいっぱいあげてやってくれ。彼には必要だ。


胸が痛むと悲しむ人がたくさんいました。しかしながら新しい良い家族が見つかったようで、きっと幸せになることでしょう。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。