2019年07月01日 21:44

「六角レンチの大きいのと小さいのを並べてみたら…こんなに違うの!?」

 

六角レンチの最大と最少00
家具などを手軽に組み立てるときによく使われる六角レンチ(六角棒スパナ)。

英語ではアレンキー“Allen Key”と呼び、大小細かいサイズ違いがセットになって売られていますが、特別に大きいものと小さいものを並べた写真が、海外掲示板で盛り上がっていました。

The size difference between these two Allen keys from r/mildlyinteresting

うわ、大きい! そして、小さい!

こんなサイズまであるのですね。

人の手で使うタイプではないと思いますが、ここまで大きいものがあることにびっくりです。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●これは、アレンと言う名前のやつを殺すために使うアレンキーである。

●大きさがわかるようにバナナが必要だ。それがどれくらい大きいのかさっぱりわからない。

↑典型的な研究室用の回転いすがあるだろ。

↑回転いすは何本分のバナナなんだよ。

↑テーブルかと思った。

↑コーヒーカップが置かれたあとがある。

↑どういたしまして。
六角レンチの最大と最少01

●それはきっとアレンハンマーと、アレン充電ポートクリーナーである。

●壊れたホッチキスにも見える。

↑Lの形に書いた字かと思った。

↑そんな大きなアレンキーはいったい何にに使うんだ?

↑六角形の形をした大きなねじに利用さ。

↑小さいほうは?

↑六角形の形をした小さなねじに利用。


太さはバナナくらいあって、ここまで大きいものは見たことがない人ばかりでした。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(4)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。