2019年07月01日 23:45

「質より量が良いというのはどんなときですか?」回答いろいろ

 

質より量
「質より量」という言い回しがあるものの、実際は質を重んじるほうが圧倒的に多いのではないでしょうか。

では、いったいどんな時に質より量が良いのでしょう。

この質問に対する海外掲示板のコメントをご紹介します。

When is quantity better than quality?

●どの試合でも得点。どんなスコアの仕方でも良い。1点は1点である。

●アルコール依存症の人にとっては、多分アルコール。

↑そうだね。昔は高級な酒や高いビールを飲んでいたが、今じゃひどく安いウォッカを飲み、たまに安いビールを飲む。出かけることはない。やめようとは思っているが、言うのは簡単で行動は難しい。

↑やめるのは極端に難しいよ。6〜7年間ほど依存症で、毎日2分の1から4分の3ほどのウィスキーを飲んでいた。それも6〜7杯のヘビーなビールを飲んだあとでだ。ようやくやめてそれが気が狂うほど大変で2年ほど続いたが、また今元に戻っている。強い酒はカットしているが、すごい量のビールを飲んでいる。まだ昼の2時にもなっていないのに、すでに7.25%のを4つも飲んでいる。依存症の対価はとても高い。

●火事と戦っているときの水。ビルが燃えているときには1本の水じゃダメだ。

●しわしわのたくさんの100ドル札のほうが、新札の1枚よりいい。

●髪の毛をくくるゴムやピン。頻繁になくなるから。

↑うちの家では猫も盗む。余分を置いておくほうが猫とレスリングするより良い。

●敵の銃弾の数よりこっちの軍隊の数のほうが多いとき。

●子どもとの時間。子どもはフランスに2週間連れていってくれたとか、その他の時間に存在しないなら意味はない。普段の生活にそばにいることが重要である。

●選挙の1票。質は100%関係ない。

●ギターのピック。ひどいそこらの安物と、とてもおしゃれなものであろうと関係ない。どちらにしてもすぐなくす。

●多くの先生や教授によると、紙の上の単語。

●幸せ。自分は大勢が幸せというほうが、小人数が特別に幸せと言うより良い。

●水素。新しい宇宙を創るとき。それはたくさんの水素がいる。

↑神様、あなたなの?

●酔いたいときのアルコール。

●お金。


確かに量が大事と言うのも結構ありますね。

優先を見極めるのは大事かもしれません。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(14)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。