2019年07月15日 00:06

アメリカの高速道路で現金輸送車から1900万円が舞い散る…車を停めて群がる人が続出

 

現金を拾う人々00
小説やドラマで、ばらまいた現金に人々が群がるようなシーンがありますが、アメリカで実際にそんなハプニングが起きました。

アトランタの高速道路を走っていた現金輸送車の扉が開いてしまい、17万5000ドル(約1900万円)の現金が乱舞することになったのです。

現金を拾う人々01
ハプニングが起きたのは7月9日のこと。

17万5000ドルの紙幣が舞い散ったのを見て、多くのドライバーが車を停め、落ちた現金に群がりました。

もちろん拾った現金を自分の懐に収めるのは遺失物横領の罪にあたる行為。

撮影された映像がSNSに投稿されていることから、警察は拾った人や車を探すと共に、つい拾ってしまったのであれば、自主的に出頭するよう呼びかけています

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(5)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。