2019年07月19日 23:58

オランダで開発中の低燃費旅客機「フライングV」…ユニークなV字のデザイン

 

フライングV00
こちらはKLMオランダ航空が開発支援を発表した、低燃費の旅客機「フライングV」のデザイン。

このアングルだとさほど特殊な形に見えないかもしれませんが、上から見るとユニークな形状に驚くことでしょう。

フライングV01
V字型の斬新なデザイン!

定員は314名で、客室、燃料タンク、貨物室のすべてが主翼に組み込まれているとのこと。

エアバスA350−900型機と同等の翼幅(65m)で、空気抵抗を低減する設計により燃料を20%ほど節約できるそうです。


KLM and TU Delft aim to make aviation more sustainable with Flying-V concept - YouTube

電気飛行機は重いため実現はずっと先になる見込みのため、燃料消費の少ない機体の開発が必要であるとのコンセプトから開発が始まりました。

ただしフライングVの実用化も、2040〜50年頃とかなり先になるとのことです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(11)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。