2019年07月28日 16:09

「ヨーロッパと北アメリカを同時に触るってどんな状況?」→こんな状況だった

 

ヨーロッパと北米を同時に触る00
国境では2国同時に立つことが可能ですが、「ヨーロッパと北アメリカを同時に触れる」とは、どういう状況なのでしょうか。

それを実行に移した人が、写真を公開していました。

🔥 Touching North America and Europe at the same time 🔥 from r/NatureIsFuckingLit

なんと海底!

ヨーロッパと北米を同時に触れられる場所があったのですね。

さて、いったいこれはどこなのでしょうか。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●パスポートをチェックする人はどこなの?

●親戚のおじさんが自分と弟を同時に触った。次は君の番だ。

●たいしたことはない。オレだってできる。地球儀を持ってきてくれ。

●見知らぬスキューバ・ヒーローよ。両方を強く引っ張ってくれ。

↑いや、押してくれ。

●これが真実なら感動だよ。お気に入りの写真になる。

●海面が近いように見えるが、いったいこれはどれくらい深いのかな?

↑実際、近いと思う。だいたい10mくらい。

●真面目にこの場所がどこか知りたい。きっとアイスランド海岸から離れたところじゃないかと思う。そのプレートがアイスランドを半分に分けているのかな。

↑アイスランドだよ。シンクヴェトリル国立公園のシルフラ・フィッシャーにある。
ヨーロッパと北米を同時に触る01

レイキャヴィークの北東で「ゴールデンサークル」の中にある。いろいろ周るのは安いが、食事はとても高い。

同じ国立公園の写真。
ヨーロッパと北米を同時に触る02
ヨーロッパと北米を同時に触る03

↑ガソリンスタンドに40ドル(約4300円)で食べ放題のマッシュルームスープがあった。今でも味を覚えている。おいしかった!

↑実際に食べ物は何でもおいしいが、チーズバーガーに30ドル(約3200円)とか払わなくてはいけない。自分で調理すると15〜20ドル。

●ここで地震が起きて2つのプレートにはさまるところが想像できるかい?

↑想像してしまったじゃないか。

↑そうなったらどこの国で死んだことになるの?

↑手はヨーロッパを触っているかもしれないが、心はアイスランドに帰属するんだ。


水はクリアーですが非常に冷たいそうです。近年はヨーロッパが熱波に襲わることが多いので、避暑地としての人気が上がるかもしれませんね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(1)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。