2019年08月02日 23:59

銀行強盗「金を出せ」→うっかり名前と住所入りのメモを渡してしまう…異例のスピード逮捕

 

銀行強盗が名前入りのメモを手渡す00
アメリカ・オハイオ州の銀行で54歳の男による強盗事件が発生しました。ところがこの事件、すぐに男は逮捕され、異例のスピード解決となったのです。

なぜなら現金を要求するメモの裏側には、犯人のフルネームが書かれていたのでした。

Ohio man allegedly uses demand note with full name, address to rob bank

銀行強盗が名前入りのメモを手渡す01
事件は7月29日午前中、U.S.バンクのクリーブランド支店で起きました。

マイケル・ハレル容疑者(54歳)は「これは強盗だ、ケガ人を出すな」と書かれたメモを窓口係の女性に手渡し、206ドルを受け取ると逃走しました。

ところが窓口係が残されたメモを確認すると、裏側に「マイケル・ハレル」の名前と住所が記載されていたのです。

メモに使われた用紙は、ハレル容疑者が銀行に来る前に立ち寄った、自動車管理局で使用したものだったとのこと。

さらにハレル容疑者は、顔を隠すこともなく、支店の常連客で、窓口係の女性も男をマイケルさんと呼んでいたのだとか。

なんとも間の抜けた強盗がいたものですが、捜査を担当したFBI職員は「名前や住所を提供してくれると、とても捜査の助けになる」と、この行為を推奨しているとのことです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(5)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。