2019年08月14日 21:06

「まるで悪魔を召喚してるみたい…」興奮すること間違いなしの化学実験

 

「ゾウの歯磨き」00
こちらは理科の先生と女子生徒2人が、ある薬品を容器に注ぎ込んでいるところ。

ある実験風景が「まるで悪魔召喚の儀式」のようだと、海外掲示板で人気を集めていました。


This weird chemical reaction that spawns Satan - YouTube

「ゾウの歯磨き」01
せーの!
ぽいっと注いだら……。

「ゾウの歯磨き」02
ぼわんっ!

「ゾウの歯磨き」03
ピンクのマシュマロおばけのような巨大な泡が、爆発的にふくれ上がり……。

「ゾウの歯磨き」04
浮き上がった泡が天井まで達しました。

「ゾウの歯磨き」05
下のほうも再びモクモク。

「ゾウの歯磨き」06
たしかに悪魔召喚のような混乱状態。

この実験は「ゾウの歯磨き」という有名なものですが、前知識がある人でもライブ体験したら興奮すること間違いなしですね。
象の歯磨き - Wikipedia

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●過去に戻って、これを文明が初期段階だった頃の人々に見せたらどうなるか、想像してみよう。

↑魔法使いはきっと科学者だったんだな。

↑拷問されて死ぬところを想像してみよう。

↑どこに行ってもこれを人々に見せたらどうなるか、想像してみよう。

●まって……。これについて、もっと情報が必要だ。

↑この実験は「ゾウの歯磨き」(エレファント・トゥースペースト)と言う。
泡立つ物質で、カリウム、ヨウ化物を触媒として利用し、過酸化水素の急激な分解により起こる。どれくらい急激に反応が起こるかは、過酸化水素の濃度による。
必要な材料は少量で、泡の大噴火の効果があるので、パーティや学校などで子どもたちに人気の実験となっている。
「マシュマロ実験」とも呼ばれているが、心理学のスタンフォード・マシュマロ実験とは全く関係ない。

●ハレンチな何かを見てしまった気がする。

↑自分は2本見えた。1つは浮き上がった。

●先生だけきちんと安全メガネをかけているのがいいね。この実験でトラブルが起きたときに、保護してないサポート役の生徒に目の提供ができるであろう。

●どうにか綿菓子を作る方法に使えないだろうか。

●これを誰かのドアの郵便受けに入れてみたい。

●これって吸い込んでも体に悪くないの?

↑単なる酸素だよ。熱いかもしれないが。

●これを初めて発見した人だと想像してみよう。


子どもたちはもちろん、大人も盛り上がる鉄板の実験なのだとか。

ただし、濃い過酸化水素水は危険を伴うため、取扱いには注意が必要とのことです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(0)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。