2019年08月22日 00:11

アメリカの荒野を5日間さまよった男性、木の実や虫を食べて自力で生還する

 

アメリカの荒野を5日間さまよった男性00
アメリカ・モンタナ州の自然保護区域「セルウェイ=ベターロート・ワイルダーネス」で、馬に乗って家族旅行をしていたカデン・ラガさん(25歳)。

家族の馬が足を痛めたことから、最も体力のあるカデンさんが代わりに歩いて登山口を目指すことにしました。

ところが道を間違え、独りで荒野をさまようことになったのです。

アメリカの荒野を5日間さまよった男性01
5日も歩き続けたというカデンさんは、妊娠中の妻に「無事に帰ることを約束して」と言われたことを思い出し、川の水を飲み、木の実やコオロギで飢えをしのぎました。

すると幸運なことに、たまたま救助隊がヘッドランプを消し忘れたまま就寝したことで、明かりが灯っていることにカデンさんが気づいたそうです。

アメリカの荒野を5日間さまよった男性02
無事に妻のアーデンさんと再会することができました。

アメリカの荒野を5日間さまよった男性03
歩き続けてボロボロになったシューズ。

アメリカの荒野を5日間さまよった男性04
すっかり元気になったカデンさん。かなりのイケメンです。

不運によって道を間違えたものの、それと同じくらい、自力で生還できたことは幸運が重なった結果だと語っています。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(3)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。