2019年08月23日 00:26

ウーバーで往復640kmの依頼…乗客を100歳の誕生パーティーに送り届ける

 

ウーバー
一般の車をタクシー代わりに利用できる配車サービス「ウーバー」。

アメリカ・ミネアポリスの空港のドライバーが客から提示されたのは、なんと320kmも離れた遠隔地。

「100歳のおばの誕生日を祝いたいけど、悪天候で飛行機が飛ばない」と聞いたドライバーは、この依頼を快諾。往復640kmの長旅となりました。

ケリー・マガードさんとデブ・エガーズさんの姉妹は、目的地のミネソタ州エジャートンに行く予定でしたが、飛行機が悪天候で欠航に。

他の便も乗ることができず、最後の手段としてウーバーを利用することにしました。


Uber driver takes 400 mile drive to get sisters to 100th birthday party - YouTube

目的地を知らずに到着したヘズース・フロレンティーノさんでしたが、それが自分の仕事だと快諾。

依頼した姉妹も、本当にそんな遠くまで乗せてくれるのかと何度も確認したそうです。

到着したのはパーティの終了時間の1時間後でしたが、事情を知った出席者は全員残り、めでたく顔合わせすることができたのだとか。

運転手のヘズースさんは「2人が誕生パーティに行く必要があると感じたし、運転も好きだからね」とインタビューに答えています。

運賃は、216.3ドル+チップ54.07ドル(約29000円)。

ちなみに320kmがどのくらいの距離かというと、東京-新潟340km、東京-名古屋354km、東京-仙台350km(高速道路の道のり)となります。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(7)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。