2019年09月05日 12:58

「クロックスのサンダルの手袋バージョンを作ってみたら…予想してなかったことが起きた!」

 

クロックスで手袋
手軽で安価なクロックスのサンダル。

「足に便利なら手にも便利だろう」と考えた人が、手袋バージョンを作ったそうです。

その結果、予想もしてなかったことが起きたと、海外掲示板に写真を公開していました。

I got a cease and desist for making the Crocs Gloves from r/pics

こちらが手袋バージョンのクロックス。ファッションとしては面白いですが、あまり機能的には見えません。

そして、彼がうれしそうに掲げている手紙は何かというと……。

クロックス社から届いた「知的財産侵害行為」の通告の手紙!

この手袋をSNSに投稿したところ、メーカーからお叱りを受けてしまったのだとか。これは予想してなかった!

SNS全盛の今は、個人が簡単にブランドを毀損してしまう可能性があるので、注意が必要ですね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●ファッション警察かい?

↑彼のすばらしい趣味を推薦する。

●クロックがブロックされた。

●なんてこった。クロックスは画期的なアイデアの採用チャンスを失ったんだ。

●「お願いですからやめてください」

●法律事務所からの手紙をもらって、そんな嬉しそうな顔をしているのがいい。

●それを額縁に入れないと。彼はやり方を間違っている。

●風刺はフェアユース(公正利用)なので、きっとクロックスの法律部門もその手紙を出したときにそのことを理解していると思う。なので彼に心配はないだろう。

●「クロックスを履くなら……これも必要です」

●その手紙と全く同じ書式で、クロックス社にもう靴を作らないようにと書いて送り返すんだ。

(投稿者)自分は驚いたのか、悲しんでいるのかよくわからない。ただこの2週間でこの話がネットで話題になったので、きっと彼らもまた連絡してくると思う。次もまた、別の誰も必要としない発明に挑むよ。

●その通告レターには何が書いてあるのか知りたい。 「やめろ」?「さもないと」?

(投稿者)「さもないと」はなかったが、基本的にはソーシャルメディアから引っ込めて、クロックスに関連する改造品は二度と作らないようにとの警告だった。

●あまり大勢の人は知らないが、商標を持っている人は法的に商標を守る義務がある。そうでないと商標を失うリスクがある。


驚いたようですが、クロックス社の通告に怒ったりしているわけではないとのこと。楽しそうな顔がそれを物語っていますね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(4)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。