2019年09月08日 13:15

「あと4か月で2010年代が終わるわけだが…どんな10年だった?」回答いろいろ

 

2010年代
2010年代になったのは、ついこの間だったように感じますが、あと4か月で終わりを迎えます。

「この2010年代は、いったいどんな時代として記憶する10年だったでしょうか?」
この質問に対する、海外掲示板のコメントをご紹介します。

The 2010's decade will be over in 4 months. What do you think people will remember this decade for?

●その現実を知ることがイヤだ。

↑90年代はもうすぐ30年前になる。

●ソーシャルメディアが激増した10年。

●スマホの普及。全員がインターネットにアクセスし、世界にいつでも意見を送信できるようになった。それも否定的な効果とともに。

●現実のトップニュースが、オニオン(嘘ニュースサイト)を出し抜くようになった。

●きっと人々は2010年代がどんなに良かったかを追想すると思う。今はそう思えないかもしれないが、2020年が何をもたらすかを待ってみよう。

●個人的には…… ・ソーシャルメディアやインフルエンサー。
・Netflix。
・スワイプする出会い系マッチングアプリ。「オンラインデート」や「デートサイト」だったのが「デートアプリ」という言葉に置き換えられている。
・オバマからトランプ。

●伝統的なメディアの死。
新聞や雑誌などの紙媒体、地上波テレビ、ラジオは薄れていっている。デジタル音楽は2010年前からあったが、ポップスターがアルバムをCDで販売するのをやめて、ストリーム数を数えるようになった。

↑おそらく本当の死は2020年代になってからだろう。2010年代はまだビッグだった。

↑ラジオはすぐになくなるとは思えないけどね。運転中や工事現場などはラジオでいっぱいだよ。

●あまりに多い間違った情報や、かなり重要なトピックに関する無責任な反応。

●デザインや美学的観点から
・ミニマリストやフラットデザインが、スマホやタブレットの普及して増えた。きれいなライン、シンプルな色(黒、白、グレー)など。
・チェーン店離れをして、地域の個人レストランが人気になってきた。

●ゲームの観点からは、この10年はインディ系が激増した。
映画はスーパーヒーローの10年。コミック原作の映画が支配した、まだしばらくは続きそう。

●オバマ大統領からトランプ大統領へのワイルドなスイッチ。両者の良いところや悪いところを好き勝手に言うのは構わないが、それにしてもいろいろな点において2人の仕事のしかたが全然違う。

●誰も言わなかったので言うが、シリアの内戦。そしてISIS(ISIL)の浮き沈み。

●EUの離脱、トランプ、レオナルド・ディカプリオがオスカーを獲得。


やはり、スマホやSNSに関するコメントが目立っていました。

2020年代は、どんな時代になるのでしょうね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。