2019年09月12日 20:51

「多くの人が知らない人体のクールな豆知識を教えてください」回答いろいろ

 

人体のトリビア
人間の身体は不思議で満ちています。

医学の進歩でさまざまなことが解明されてきたものの、それでもまだまだ謎でいっぱいです。

「人体であなたが知ってるクールなトリビアは何ですか?」
この質問に対する、海外掲示板のコメントをご紹介します。

What's a cool fact about the human body that a lot of people don't know?

●脈拍は運動を始める1分前から上昇する。これは予知上昇として知られるものだが、無意識に起こる。

●耳に何かを入れると咳(せき)をする人がいる。そして少数だがどちらの耳に入れても咳をする人もいる。アーノルド神経反射と呼ばれているものである。

↑自分は綿棒を耳から出すときに必ず咳をするのだが、それはみんなに起こると思っていた。綿棒で触れると、なぜかのどの奥底がくすぐられるんだ。

↑自分は咳はしないが、何かが耳に入るとのどがくすぐったい。それが普通だと思っていた。

↑こんなに年月が経ってから、ついに答えを知ることができた。

●ほとんどの呼吸は片方の鼻からだけして、そしてその優勢な鼻孔は時間単位で入れ替わる。

●手と足だけで身体の半分以上の骨がある。

●考古学者だが、死んでからも出産は可能。
たまに埋葬された骸骨で、胎内の子どもが母親の骨盤から半分出ているケースに直面することがある。女性が出産途中で亡くなり、埋葬された後にガスがたまり、それが胎児を押し出すんだ。我々の間では「棺桶出産」と呼ぶ。

●体力を全て使い切らないように、体内にはリミッターがある。あるいは筋肉は通常60%までしか使わないようになっている。
極端な生死にかかわる状況ではこのリミッターが外れ、全力を使えるようになる。車を持ち上げたりなどの馬鹿力の理由。

●雨のにおいは、土の濡れたにおいだが、ゲオスミンと呼ばれる混合物で、人間はそれに極端に繊細で、1兆分の5くらいで感じ取ることができる。

●人間のもっとも最適な日周リズムは24時間より25時間に近い。

●赤毛の人は、メラノコルチン-1受容体の変異と関係があるため、麻酔の量を増やす必要がある。自分も赤毛だが、歯科医が常に何をしているかを知覚できるので、歯の治療に恐怖を抱くようになった。
そのうち放置できない問題になったので、新しい歯科医を探さなければならなかった。最初の診察で、彼は僕を見るなり「生まれつきの赤毛なんだね」「そうです」「(衛生医に)4倍の麻酔薬をくれ」と会話した。
やっと自分に合う医者が見つかり、それ以来ずっと彼に担当してもらっている。麻酔が効いて何も感じないと恐怖は激減する。

●細胞の数で判断すると、我々は人間というより細菌である。

●肝臓は再生することができるし、それはみんなが思っているより速い。自分は肝臓の4分の1を除去したが、1か月後には元に戻っていた。(※炎症が慢性化すると再生しない)

●少人数だがスーパースリーパーと呼ばれる人々がいる。毎晩2〜4時間の睡眠で完全にフルチャージできる。朝から晩まで長く働くことが出来る。


まだまだ興味深い身体のトリビアはたくさんありそうですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(3)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。