2019年09月27日 00:29

カリフォルニア州の電気自動車パトカー、追跡中にバッテリー切れを起こしてしまう

 

電気自動車のパトカー00
カリフォルニア州ベイエリアで、指名手配中の容疑者が運転する車をパトカーが追跡していたのですが、すぐに断念することになりました。

原因はパトカーが「バッテリー切れ」を起こしたため。

カリフォルニア州のパトカーの一部には、テスラ社の電気自動車が導入されているとのこと。

追跡していたパトカーはフル充電されておらず、バッテリー残量が10kmを切ったところで安全を優先して停止したそうです。

これ幸いと逃走した容疑者の車は、その後サンノゼで乗り捨てられていることがわかりました。

電気自動車にとっては残念な結果でしたが、テスラ社の電気自動車は半年のテスト試用中であり、運用面の成熟にしたがって同種のトラブルは減ると見られています。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(5)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。