2019年09月28日 22:57

毎日1回は犬の散歩をしないと最大30万円の罰金刑…オーストラリアの首都

 

1日1回犬の散歩をしないと罰金刑00
「すべての飼い犬は、毎日散歩をする権利があるべき……」

オーストラリアの首都キャンベラで、飼い主が1日1回散歩をしなかった場合、4000オーストラリアドル(約30万円)の罰金を科す法律が施行されました。

Animal sentience recognised for the first time under new ACT laws

新法が施行されたのは首都特別地域(ACT)で、オーストラリア国内でこの法律が成立したのは初めて。

これにより、犬が24時間閉じ込められていた場合は、飼い主は2時間の自由に動ける時間を与えることを命じられるとのことです。

散歩の他にも、エサや飲料などふさわしい飼育環境を満たしていないと判断された場合も罰金刑となります。

犬の愛好家の多いオーストラリアでは、かねてから犬も人間と同様に福祉を向上させるべきとの声が上がっており、今回の新法もその一環なのだとか。

基本的には犬にとって良い環境になると思われますが、散歩嫌いや老齢など、散歩が必ずしもプラスに働かない犬もいるわけで、イレギュラーなケースに対してどんな判断が下されるのか気になるところです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(9)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。