2019年10月01日 12:59

「友人グループの中で、あなたの立ち位置は何ですか?」回答いろいろ

 

友人グループでのあなたの役割は何
友人や知人が集まると、リーダー的な人や、面白がらせる人、聞き役など、自然と役割や関係性が生まれます。

「あなたの友人グループの中で、あなたの役割は何ですか?」

この質問に対する、海外掲示板のコメントをご紹介します。

What's your role in your group of friends?

●自分は「悪いアイデアをけしかける」タイプ。

↑同じだ! だがオレは「ハイパーな男」という言い方にしたい。

↑自分は「説得する」担当。みんなになぜそれが悪いアイデアかを言う。

●友だちが何を言ってもやっても、「笑っているだけの役立たないやつ」。

↑お前だけじゃない……。

↑ははは。

●「紹介者」
人と人をくっつける。誰かを紹介して、みんなとご飯に食べにいったり出かけたりできるようにする。

↑たまに自分も紹介者だと思う。たとえば片思いの女性を今の彼氏に紹介した。

●「黒人」だよ。人種はいろいろいるだろ。

↑ブラザー。

●「小さな友だち」
仲の良い友人は同い年でも僕を弟のように扱う。僕の心配をして面倒をみてくれる。それはとてもいいことでナイスなのだけど。ときどき小さな劣等感を伴う。

●「野生の男」さ!
いぇーーーい! ビッチどもよ!

●「スイスみたいな仲裁屋」ポジションだよ。
もう何ごとも真面目にとることができない性格なんだ。たいていは他愛ない言い争いを仲裁するためや、イベントのノリを軽い感じにするために呼ばれる。意見の相違があるときの外交官さ。

↑自分のところに人が来るときは、死にそうになってるとき。

↑衛生兵かホスピスケアの人なのか?

●単に「グループの1人」なだけ。(登場人物のキャラが立っている)ホームコメディの中には住んでいないからね。

●どのグループの友人かによる。ちょっと変わった状況にいて、大人になってから知り合った友人と、学校時代からの永遠の友人がいる。
大人になってからの友人らとは、「楽しい人間として決断を下す係」である。だが子どもの頃の友人とは、どちらかと言うと「背後にいて楽しんでいる」感じ。ケンカを仲裁したり、悪い決定が下されるときには止める。

●15〜20歳の頃はバカをやった。2年前に彼女に出会った今となっては、「昔はよく飲んだ面白いバカ」である。
もうパトカーのワイパーには用を足したり、牛に乗りながらウォッカを一気飲みとかをしないことを、友人たちに理解させるまで長い時間がかかった。
今でも友人らが自分のことを好いてくれてるが、もうスーパースターではなくなった。

↑その気持ちはわかるよ。友人らは自分の過去のバージョンを気に入ってたってこともね。

●親のように「皮肉屋」。

↑オレは男だが、友人から「ママ」と呼ばれる。


・リーダーのメンタリティはあるがリーダーではない。(みんな決断を自分に尋ねてくる)
・自分は「サポート役」である。

●「友だちがいない」

●「リーダーの親友」(アドバイザー)

●自分はとてもうるさく、自分で思いたいのは「コメディアン」。

●「なんでも覚えている人」。
誰かがイベントの日付や会話を忘れていたら、みんな自分に聞いてくる。そして覚えていることを答える。さらにそれが正しいことを確認する。
すると、「そうそう、その通り! 思い出した!」となる。


自分の立ち位置を気にする人は多いようです。

まわりが思っている立ち位置と、ずれが大きい人は要注意なのかもしれませんね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(3)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。