2019年10月09日 22:01

外国人「宮崎駿は『風の谷のナウシカ』のハリウッド実写化を断っていた…」海外の反応

 

宮崎駿は『風の谷のナウシカ』のハリウッド実写化を断っていた
アニメや漫画原作の実写化は難しく、多くの作品が低評価を受ける結果となりました。

「風の谷のナウシカ」も過去にハリウッドから実写映画化したいとのオファーがあったものの、宮崎駿監督が断ったと鈴木敏夫プロデューサーが語っています。

このエピソードに対する、海外掲示板のコメントをご紹介します。

Hayao Miyazaki has turned down multiple offers from Hollywood to make live-action Nausicaa movie

●宮崎「私の目の黒いうちは……」(※自分が生きてるうちは許さない)
ハリウッド「もちろん、待ちます」

↑想像するに、彼の意思を次代の人も継ぐのではないか。

↑突然「ハヤオ・ミヤザキ」の名前がトップニュースに上がっていたので、心臓発作を起こしそうになった。

↑彼はまだ78歳だ。日本ではその年齢はそろそろ親元から離れる時期。

●彼の芸術的な高潔さをハリウッドの人は見習うべきである。

↑スタジオの役員たちは、自分たちの立場が脅かされるまでは高潔さなんか考えないさ。過去のひどい決断が悲しい事実を証明している。

●宮崎氏は日本ででも独特な人だよ。日本のディレクターもハリウッド同様のゴミだとは言わないが、宮崎氏は奇特なレベル。

●よかった、どの宮崎映画もハリウッドの実写版にすると大惨事になる。

↑巨大トトロがどんな恐ろしいか想像できるよ。

↑別にハリウッドだけじゃない。どこのスタジオが宮崎映画を手掛けても、実写版は大惨事になる。

↑自分はそうは思わないな。もののけ姫はかなり脅威的になるのではないかと思う。ハウルの城もね。

●「風の谷のナウシカ」はもう今のままですばらしいので、何も台無しにする必要はない。

↑「風の谷のナウシカ」の大ファンだけど、すばらいいが原作の一部しかカバーしていないので、シリーズ全てをアニメ化して欲しいと思う。きっと映画版よりもっと情緒的になると思う。
ただし、宮崎スタイルを踏襲できるすばらしいスタジオでないとならないが、それがどれほどのハードルかはわからない。
どちらにしてもハリウッドによる実写版リメイクは、いつも大惨事のレシピではある。

●ジブリの美がハリウッドに影響するのを見たいが、宮崎氏の決断は正しいと思う。

●大好きな「風の谷のナウシカ」の映画を見たいとも思うが、宮崎氏が断ってくれて嬉しい。絶対に正当にやってくれなかったと思う。「風の谷のナウシカ」と「もののけ姫」はお気に入りだ。

↑「もののけ姫」と「千と千尋の神隠し」が好き。
特に「もののけ姫」は自分史上最高で子どもの頃に大好きだったが、「千と千尋の神隠し」も自分を包み込んだ偉大なアドベンチャーだった。日本版「不思議の国のアリス」のようだった。
そして今は、娘が「千と千尋の神隠し」と「となりのトトロ」にはまっているところ。今日はトトロを早い時間に見て、あとで「魔女の宅急便」を見せるつもり。

●本当に安心した。これは私が一番好きな彼の映画で、台無しにされるのは見たくない。

●ホッとした。


コメントからも伝わってきますが、近年は日本のアニメ作品を深く理解する外国人が増えたことから、安易な実写化を反対する人も多いようで、安心しますね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(14)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。