2019年10月10日 21:53

猫の飼い主「深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ…」この名言がわが家で起きた

 

深淵をのぞく時00
「深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ」
これは哲学者ニーチェの著作「善悪の彼岸」の中で語られた言葉で、ネット上で欧米人がよく引用しています。
(※大ざっぱに説明すると、ミイラ取りがミイラになる的な意味)

とある猫の飼い主さんが、まさにこの名言の通りの状況に遭遇したと、写真を紹介していました。

As I look into the abyss, the abyss looks into me. from r/aww

深淵をのぞこうとしたら、こちらがのぞかれている!?

まさに、ニーチェの言葉通りの状況です。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●この写真は、黒猫のベストの写真だと思う。

↑この猫がどちらを向いているかさえもわからない。

↑参照としてこれを貼らせて。
深淵をのぞく時01

↑「推測しているのが黒猫であり、それにはさらなる証拠が必要」

↑参照としてこれを貼らせて。
深淵をのぞく時03

●きっと彼は魂のコレクションがあるに違いない。

↑きっとあなたも加えてもらえるよ。

●きっと最もかわいい悪魔だと思う。

↑他に見たことがあるの?

↑深淵に歓迎されるとき。

●絶対に手を入れるのは許さない。

●メイド・イン・アビス。

●全ての希望を捨てるんだ。

●2本のボルトがバッグの中にあるように見える。

●ああ、ナデナデするために深淵に手を伸ばしたい。


もしかしたら、ニーチェも黒猫を飼っていたのかもしれません。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(5)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。