2019年10月20日 20:27

720種の性別を持ち、脳がなくても学習能力があり、半身を失っても自己修復可能な「特異生命体」がフランスで一般公開

 

モジホコリ00
720種の性別を持ち、脳がないのに問題解決のための学習能力があり、体の半分を失っても自己修復可能な「特異生命体」が、フランスのパリ動物園で一般公開されました。

およそ地球上の存在とは思えないというか、性別が720種と言われても理解が追いつきませんが、いったいどんな生き物なのでしょうか。


Pourquoi le blob fascine les scientifiques - YouTube

モジホコリ01
その生命体の名は「モジホコリ」という黄色い単細胞の粘菌の一種で、植物でも動物でも菌類でもありません。“学名:Physarum polycephalum”

モジホコリ02
性別は720種で、分裂したり融合合体することも可能。

優秀な学習能力を持ち、有毒な物質を避けると、1年後もその行動を覚えていたとのことです。

モジホコリ03
さらに、迷路に閉じ込めておくと最短距離を予測・発見する能力も持ち合わせています。

モジホコリ04
複雑な迷路など、環境の変化を予測することも可能。

光と乾燥が弱点で、生存が厳しい環境では数年に渡って冬眠状態になるのだとか。

モジホコリが発見されたのは1973年ですが、専門家によると10億年前から存在しているのではないかとのこと。

ここまでの特異能力を持っていると、神の見えざる手を感じますね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(3)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。