2019年10月22日 00:33

世界最古、8000年前の真珠がアブダビで発掘…新石器時代から取引されていた証拠

 

世界最古の真珠00
UAE(アラブ首長国連邦)の首都アブダビ沖の島で、世界最古とみられる8000年前の真珠が発掘されました。

新石器時代から人類が真珠を取引していたことを証明する発見であると、専門家は述べています。

World′s oldest pearl found in Abu Dhabi

世界最古の真珠01
発見されたのはアブダビ沖のマラワ島にある、崩壊した新石器時代の石の構造物群。

放射性炭素年代測定から、発掘された層は紀元前5800〜5600年であるとみられています。

8000年経っても美しさが色あせていませんが、新石器時代の人々も美しい貴重品だとみなしていたのでしょうか。

真珠の他に、陶器、石や貝のビーズ、燧石(すいせき)製の矢じりなども発掘されています。

(※燧石は火打石とも呼ばれ、石器時代は石器の材料、鉄器時代以降は火打ち石として利用されてきたもの。英語はフリント“flint”)

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。