2019年10月24日 21:59

「運転免許の試験が一番厳しいところは?」答えはフィンランド、その理由は…

 

フィンランドは運転免許が難しい
自動車の運転免許を取得するには、国によって難易度や手間に違いがあります。

免許取得が困難な国・地域の1位は、北欧の国フィンランドだそうです。

TIL Finland is the strictest country in the world in terms of driving lessons.

それには理由があり、世界で最も交通ルールが厳しいため。

免許を取るために教習所に通うのは日本の事情と同じですが、安全面に大きくフォーカスしており、自動車のメンテナンスから凍結した道路の上の運転のしかたまでをしっかりと学ぶのだとか。

そのために試験は夏と冬の2回あります。

筆記試験も受けるだけではなく、20時間の授業と実技のレッスン30時間は必須だとのことです。

2位にモントリオール(カナダ)、3位にドイツ、4位にシンガポール、5位に南アフリカと続きます。

国により交通ルールや気候が違うので、厳しくしておかないと事故が起こりやすいということなのでしょう。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●加えて暗いところでの教習も必須。北欧の夏は暗くならないので、それは冬のことだと解釈できるが、最近は夜間シミュレーターというものもある。

↑>夜間シミュレーター
これはどういうもの? 強いサングラスってこと?

↑ドイツで夜の教習は2時間必須。

↑夜に練習することなく、どうして免許を与えるのか理解できない。

●ノルウェーもほぼいっしょだね。問題と言えば免許証に3000ドル(約32万円)くらいかかること。

↑ドイツも同じくらいかかる。

↑スウェーデンもそう変わらない。ただし車のメンテナンスまでは含まれない。試験のときに知識は幾分か試される。凍結した道路の条件(車が滑るときの訓練)は必須。冬と夏の2回の試験はない。

●その頃、アメリカのうちの州では、免許試験に3点ターンや縦列駐車がなくなった。

↑数か月前にカリフォルニア州で免許試験を受けた。同じくそれらはなかった。

↑去年テネシー州で受けたけど普通の道路をちょっと運転して、5車線の高速に入り、駐車を1度。テストは難しくない。

●何人が見たかわからないが、BBCの番組「トップギア」でジェームス・メイがフィンランドにドリフトのしかたを学びに行くエピソードがあった。
彼らが免許試験についての話をしているときに、ほとんどのフィンランド人ドライバーはトラックでブレーキがギリギリ間に合うポイントを本能的に習得しているとのことだった。

↑「成功したかったらフィンランド人を雇うんだ」みたいなことを言ってた。

●冬用のテストを夏に行うとき:試験道路にオイルを敷く。
ソース:自分の妻はフィンランド人。

↑その通り。レッスンは実際に冬に運転するというよりは「滑りやすい条件の道路を運転する」だからね。それから雨の日の練習もある。
ソース:自分はフィンランド人。

↑むしろなぜ夏に試験があるのかわからないな。
「もしかしたら15cmの積雪や凍結した道路の上を走らなければいけない。しかし、時には反対に天気で乾燥していて気持ちいいのも試してみよう! ははははは」ってことかな。

●地元がフィンランドだけど、運転練習のひとつに車を逆さまにするマシンを使って、そこからどうやって抜け出すかを教えられた。
残念ながらこれは必修ではなかったが地元の選択レッスンに含まれていた。

●フィンランドは人口550万人だけど、世界のモータースポーツで活躍する選手が多い。
ちなみにフィンランド出身のF1ドライバー一覧。
Jari Huttunen
Juha Kankkunen
Kosti Katajamaki
Jari Ketomaa
Leo Kinnunen
Jarmo Kytolehto
Simo Lampinen
Esapekka Lappi
Jari-Matti Latvala
Tapio Laukkanen
Sebastian Lindholm
Timo Makinen
Tommi Makinen
Hannu Mikkola
Jarkko Nikara
Jani Paasonen
Juuso Pykalisto
Kimi Raikkonen
Matti Rantanen
Harri Rovanpera
Kalle Rovanpera
Juha Salo
Timo Salonen
Kristian Sohlberg
Teemu Suninen
Mattias Therman
Harri Toivonen
Henri Toivonen
Pauli Toivonen
Janne Tuohino
Jussi Valimaki
Ari Vatanen
Max Vatanen
Joni Wiman

↑比較したい人に言うと、トルクメニスタンはフィンランドより人口は7%多いが、F1ドライバーはひとりもいない。

●車を運転する者ならみんな知っていることだが、試験でさえ実際の運転がどんなものかを表現はしきれない。ここイギリスではよく言われていることだが、試験に受かってからが本当の運転の学習であると。


たしかにミカ・ハッキネンやキミ・ライコネンなどを始め、優秀なF1ドライバーを多く輩出していますが、こういうお国柄も影響しているのかもしれませんね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(4)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。