2019年11月03日 00:46

インドネシアの「ムチ打ちの刑」に協力した人物、自ら不倫してムチ打ちの刑を受ける

 

インドネシアのムチ打ち刑
インドネシアのアチェ州では、不倫を犯した者は公開ムチ打ち刑が科せられ、しばしば国際社会から非人道的であると批判を受けています。

この刑罰の導入に関わった男性が自ら不倫を犯し、公衆の面前でムチ打ち刑を受けました。

覆面の当局者によりムチで28回打たれた男性。(相手の既婚女性は23回)

インドネシアでは、スマトラ島北部のアチェ州だけがシャリア(イスラム法)を導入しており、犯罪者は公開ムチ打ち刑が適用されます。

この男性はイスラム法学者評議会のメンバーで、2005年に導入されたシャリアの草案作りの際に助言を行いました。

まさかそのときは、自分自身が罰せられるとは思っていなかったでしょうが、なんという皮肉。

おそらく評議会のメンバーから解任される可能性が高いとのことです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(3)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。