2019年11月05日 00:20

世界一巨大な「かご」のビル、来年から豪華ホテルとして営業予定

 

ロンガバーガー旧社屋
オハイオ州ニューアークにある「かご」の製造企業「ロンガバーガー」の社屋は、大きなバスケット型のビルとして1997年に建設されました。

しかし、数年前に本社が移転し建物は閉鎖。2017年に開発業者が買い取り、その後の動向が注目されていたのですが、2020年にホテルとしてオープンする計画が進んでいます。

場所はオハイオ州ニューアーク。

ピクニック用バスケットの外観を持つ旧社屋が建てられたのは1997年。ユニークな外観は世界中に知れ渡り、大勢の好奇心をそそってきました。

そのためホテルとして宿泊できることを喜ぶ声が、多数上がっているのだとか。

事業計画によれば豪華ホテルになる予定。どんな内装になるのか今から楽しみですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(0)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。