2019年11月13日 12:25

山火事で焼失した街パラダイス…残された鍵1万8000個を集めて「不死鳥」の像を作る

 

失われた住宅の鍵を集めて「不死鳥」を作る00
1年前の2018年11月8日、カリフォルニア史上最悪の山火事が発生し、パラダイスの街は住宅の9割が焼失しました。

アメリカ各地に散ってしまった住民の心を1つにし、いつの日か復興する心のよりどころが必要だと考えた女性が、焼失した住宅などの鍵を集めて復活の象徴である「不死鳥」(フェニックス)像を制作したそうです。


See sculpture made from keys of homes burned in Camp Fire - YouTube

失われた住宅の鍵を集めて「不死鳥」を作る01
ジェシー・マーサーさん(34歳)は住民たちにFaceboookでこの企画を呼びかけ、住宅、教会、学校、店、車など、燃えてしまったパラダイスの鍵を募集。

失われた住宅の鍵を集めて「不死鳥」を作る02
すると1万8000個以上の鍵が集まり、約360kgの不死鳥の像が完成しました。

失われた住宅の鍵を集めて「不死鳥」を作る03
そして1年後の11月8日、追悼式典でお披露目されたのです。

失われた住宅の鍵を集めて「不死鳥」を作る04
500年に1回、自ら火中に入って焼かれ、その灰から幼鳥として再生すると言われる不死鳥。

ジェシーさんは、復興のシンボルにふさわしいと考えたそうです。

今後は、復興の拠点となる施設で展示される予定とのことです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(3)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。