2019年11月16日 20:00

オーストラリアの消防士、火災を食い止めた民家に「お茶目」なメモを残す

 

オーストラリアの森林火災
現在オーストラリアでは数十年ぶりとなる大規模な森林火災が続いており、ニューサウスウェールズ州に住むポール・セクファイさんの自宅にも火の手が襲い掛かりました。

しかし消防隊の活躍によって火は鎮火、家は無事でした。

ポールさんは消防士に感謝しつつ自宅に戻ると、そこにはメモ書きが残されていました。

「あなたの家を守ることができてうれしく思っています。残念ながら納屋は守れませんでした」

「追伸:われわれはミルクの借りができました」

……どうやら消防活動後に冷蔵庫の牛乳を飲んだようです。

いや、暑い炎の中を命がけで守ってくれたのだから、冷たい牛乳くらい好きなだけ飲んでくださいと言いたい気持ちになります。

ですが勝手に拝借してしまった以上は、ちゃんと断りを入れておこうと思ったのでしょうね。

律義でお茶目な消防士さんたちに、ほっこりするニュースでした。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(1)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。