2019年11月23日 14:26

「ルンバを欲しがったら母親がバーゲンで買ってきたけど…何かが決定的に違う!」

 

ロボット掃除機のバーゲン
留守中に掃除をしてくれるルンバは便利ですが、欠点はお値段がそれなりにすること。

とあるお母さんが、ルンバを欲しがっていた娘のために、バーゲンセールでロボット掃除機を購入したのだとか。

ところが……。

Mother knew I wanted a Roomba but didn't want to waste that much money on one. So she found one for a bargain! Note, it has zero vacuuming ability. from r/crappyoffbrands

一見すると、普通のロボット掃除機に見えます。ところが裏を返してみると、吸引力ゼロどころか何の機構も無し。

もはや掃除機ではなく単に動き回るだけのナニか? 「ロボット掃除しない機」とでも呼ぶべきでしょうか。

いくらバーゲンでも、さすがにこれは無用の長物ですね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●私もこんな風に騙されたことがある!
ヘアアイロンを美容グッズの店で買い、家に帰ったらそれはプラスチックの形をしたもので、ボタンは色が塗られていただけだった!

↑それはちゃんとした製品と間違って、ディスプレイ用のモックを渡されただけだと思う。

↑学校時代の友人が、プレイステーションそっくりのフェイクを親戚からプレゼントされていた。ディスクのふたも開かず、全てがステッカーだったらしい。

●いいじゃないか。ダクトテープでナイフを取り付ければ、バルーンを破裂させて走り回らせることができるんだから

(投稿者)あるいは敵のアキレス腱を切る。

●少なくともこれは、家を走り回るの?

(投稿者)試してはみた。だけど充電バッテリーではなく単三電池で走るので、たいていコーナーに入り込んではパニックになっている。
それからルンバのように部屋を学ぶ能力はない。口もきけず、耳も聞こえず、盲目である。

●クイックルを巻き付けるのはどうだろう。解決にはならないけど、ゼロではなくなる。

(投稿者)フローリングはそれでいいかもだけど、絨毯もあるので、おバカなロボット友達にする。

●もうペットだな。

(投稿者)そうだね。ちょっと飾りをつけて家を走らせることにするよ。笑えるという価値はあるかも。

●いったい何に使うためのもの?

(投稿者)ぼったくりのため。


なるほど。こういう買い物をしてしまうと、最後は違う用途を考えることになるようです。

開き直って野外のイベントなどで使うのもありですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(6)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。