2019年12月16日 21:41

「職人の手にかかれば石膏ボードでこんなことができてしまう…」恐るべきテクニック

 

石膏ボードの職人芸00
壁や天井を造る際には広く使われている「石膏ボード」(プラスターボード)。

昔は簡単な工具のみで貼るケースもあったそうで、その職人技が海外掲示板で話題を集めていました。

Watching an old school drywaller.


Old school drywall master - YouTube

石膏ボードの職人芸01
手斧で切れ目を付けて、カンカンと叩いたら穴ができちゃった……。

石膏ボードの職人芸02
なんと配線にピッタリ、狙ってやっていたとは!

石膏ボードの職人芸03
こんどは手斧で、縦に切れ目を何本も。

石膏ボードの職人芸04
アーチ状に湾曲!

石膏ボードの職人芸05
余った部分も切れ目を付けて……。

石膏ボードの職人芸06
コンコンと叩くと、綺麗な仕上がりに!

職人にかかれば、手斧と石膏ボードでなんだってできてしまう!

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●父といっしょに石膏ボードを設置したことがあるよ。ここまで満足いくようには全くできなかった。

↑昨今の石膏ボードは重く、壊れやすく、扱いにくい。

●これがいいのは、まるで彼はこれから妻とランチにでも出かけるような格好で、妻の準備の合間にちょこっと設置して行く、みたいなカジュアル感があるところ。

↑石膏ボードの設置で、まるでノーマン・ロックウェルの絵から出てきたような人を初めて見たよ。

↑きっとカメラの前だから良い格好してるんだ。

●壁のソケットのために、かなり軽く彫り出しているってのはイケてるね。

↑その小さな斧で精密な加工をしているのに感心する。

↑最初に彼が穴を開けたときは失敗したのかと思った。そこから完全に壁のソケットに合わせたとき神の手だと思った。

↑あの斧を注文したいのですが。

●カーブのところを完璧にやったのが自分が一番満足したところ。

↑カーブを作っているところはすごかった。

●うちもこんな感じのアーチがある50年代の家なので、どうやって作られたのか知ることができた。

●自分はストレートの男だけど、神様、この男が好きです。

●わお、鋭利な斧と、その男の鋼鉄の腕!

↑オレならハンマーで叩くときに自分の顔に当たる。

●わお!

↑超感心だよ、いくつの釘を口にくわえられるかもだ。


高度な職人技は、ずっと見ていても飽きないですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(3)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。