2019年12月23日 00:34

ギリシャで3600年前の「使い捨てカップ」が出土…大英博物館が展示

 

3600年前の使い捨て容器00
現代はプラスチックコップや紙皿など「使い捨て容器」が大量に消費されていますが、その歴史は古く、3600年前のギリシャからも一度限りの容器が出土しています。

ロンドンの大英博物館で展示されている器をご覧ください。

credit:British Museum

3600年前の使い捨て容器01
こちらの陶器はクレタ島のミノア文明の遺跡から出土したもので、紀元前1700年〜1600年頃のもの。

ワイン容器で、同様のものが何千個も出土しています。

3600年前の使い捨て容器03
当時の裕福層は、贅沢なパーティを開くことで権勢を誇示していました。

3600年前の使い捨て容器02
大英博物館では、90年代の紙コップと並べて展示。

どちらも使い捨てにもかかわらず、長きにわたって原形を留めてることをテーマにしているとのことです。

何千年経っても、パーティー参加者が洗い物をしたがらないことや、裕福層の浪費癖は変わらないということでしょうか。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(8)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。