2020年01月06日 00:25

「史上最大の花」ラフレシア、インドネシアで史上最大の個体が見つかる

 

史上最大のラフレシア00
「世界最大の花」や「怪物の花」として知られる“ラフレシア・アルノルディイ”。

一般的なものでも直径90cmほどになるこの花の、確認された中で最大サイズのものがインドネシアで発見されました。

こちらが発見されたラフレシア。直系なんと4フィート(約122cm)あるとのこと。

ラフレシアは茎、根、葉をもたず、他の植物から栄養を吸収する寄生植物で、腐った死骸のような悪臭を漂わせることから「死体の花」とも呼ばれています。

今回発見されたラフレシアは、2017年に当時最大と言われたものと同じ場所、同じ植物に寄生していました(直径サイズを10cm更新)。

理由はまだ判明していませんが、何らかの条件が整っているとみられています。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(3)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。