2020年01月13日 15:06

ゲーマー女性が8000km離れた友人の命を救う…震えながら救急に電話

 

8000km離れたゲーマーが命を救う00
イギリスの17歳の少年がオンラインゲーム中にひきつけ発作を起こし、危険な状態に陥りました。

一緒に遊んでいた友人は……遠く離れたアメリカ・テキサス州の女性でした。

That's what I call a Pro Gamer move.


UK teen suffering seizure saved by gamer in Texas - YouTube

8000km離れたゲーマーが命を救う01
発作を起こしたのはアイダン・ジャクソンくん(17歳)。

そのときリビングでテレビを見ていた両親は、自宅にいきなり救急車が到着してびっくり。そこでようやく息子の異常を知ったのです。

8000km離れたゲーマーが命を救う02
ゲーム仲間だったダイアさん(20歳)はあわててイギリスの救急に連絡し、事情を説明してアイダン君の住所を伝えたのです。

その甲斐あってアイダンくんは無事に救助されました。

このゲーマー同士の友情に感心の声が上がっていました。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●このニュースのリンク
Teenager having seizure saved by online gamer - 5,000 miles away in Texas - BBC News

↑レジェンドだな。

↑なんてこった。記事にはどのゲームをプレイしたか書いてないじゃないか。いったいどういうジャーナリズムなんだよ。

↑昨晩、地元のニュースが扱っていたけど、プレイしていたのは“Destiny2”のようだ。(ただそれを直接的には言ってなかった)
彼女がかけた電話のオーディオを再生していた。彼女が彼の住所を知っていたことに驚きだね。

●真面目な質問:もしこういうことが起こったら、そして相手が他国にいるときは、いったい相手の位置をどうやって確認して、正しい救急番号「911/112」に連絡できるかな?

↑「999」だよ。

↑イギリスの全ての緊急車両は「999」。(他の国はわからないが)イギリスで911に電話しても999に通じる。シンプルに命を助けるために簡単にしてある。

↑幸運にも彼女は彼の住所を知っていた。でないとどうやって見つけるかは疑問である。

●外国の緊急にどうやって電話するの? それから彼女は彼の住所をどうやって知ったの?

↑住所について友人関係で前もって教え合っていたのではないかと思う。

↑同じくゲーマーとして言うが、ゲーマー同士でクリスマスプレゼントとかを贈り合うよ。


やはり海外の救急に電話するのは大変だったようで、救急の電話にはドキドキして震えていると伝えています。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(3)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。