2020年01月27日 00:02

長らく謎だった「作風の違う」ゴッホの自画像、本物であることが判明

 

ずっと謎だったゴッホ最後のの自画像、本物と判明00
ヴァン・ゴッホ(1853〜1890年)は30点以上の自画像を残していますが、1枚だけ真偽不明な作品があり、長らく議論の的となってきました。

それは「オスロ自画像」と呼ばれるもので、他とは作風が異なるのが特徴です。

今回の調査で本物であることが確認され、議論に終止符が打たれました。

ずっと謎だったゴッホ最後のの自画像、本物と判明01
こちらが今回本物と認定された「オスロ自画像」。

1889年8〜9月に描いたもので、1910年にオスロ国立美術館が所蔵したことからそう呼ばれています。

真偽を疑われた理由の1つとして、この作品だけが精神障害に苦しんでいたとき(サン・レミの療養所時代)に描かれたことから、他とは作風が異なるため。

横向きの視線は、うつ病や精神疾患を抱える患者によく見られる傾向とのことです。

2014年から調査を開始し、さまざまな検証によりゴッホの作品であることが結論付けられました。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(1)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。