2020年01月30日 22:25

「今どきのテレビとちょっと昔のテレビって…ここが違う!」懐かしい思い出

 

今どきのテレビと、ちょっと昔のテレビの違い00
この30年ほどのテレビの変わりようときたら、原形をとどめておらず、もはや同じ製品とは思えないほど。

薄くなり大きくなりワイドになった他にも違いがあり、新旧の比較が海外掲示板で人気を集めていました。

今どきのテレビ
今どきのテレビと、ちょっと昔のテレビの違い01
「テレビを壊すのが怖くて、そっと置く」

ちょっと昔のテレビ
今どきのテレビと、ちょっと昔のテレビの違い02
「テレビ台や指が壊れるのが怖くて、そっと置く」

古いテレビは、あまりに重くて頑強だった! 昔のテレビを持ち上げた経験のある人にとっては共感を覚えるようです。

現在の大型テレビは重さより、幅が広くて手が届きませんね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●テレビがすごく重くて、もし壊れたらそれが次のテレビの台になっていた時代を思い出す。

↑そういうテレビを持ってたよ。あまりに重いので床に置かれていて、滑車がハードウッドのフレームに付いていた。なのでテレビのトップは言葉通りテーブルになっていた。このテレビが死んだとき、その上にテレビを重ねて360度回転するテレビにした。その設定は何年も続いた。

●ちょっと昔のほうは本気で恐怖だった。

↑うちにはまだ古いソニーのテレビがあり、確認したら55kgもあった。

●これぞ進化と呼ぶ。

↑分厚いテレビを呼び戻さないとな。

●しかも片側に傾いていて、もしひっくり返ったり転がったりすると、映画「インディジョーンズ・レイダース」の大岩のシーンのようだった。

↑階段の上がもっともテレビの良い場所だな。

●本当だよ。分厚いテレビを部屋から部屋へ移動しようとしたことがあるが、滑らせて落としてしまい自分の足の指と床が壊れたが、テレビのほうには傷もつかなかった。戦車のようだった。

●ダックハント(ファミコンの銃コントローラーで遊ぶゲーム)が恋しい。

●昔は60インチのテレビを動かすには3人の男が必要だった。

●もうそれは人にあげられない。

↑友人で売ってるやつがいる。


古いテレビを運んでケガをした人は大勢いるようです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(4)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。