2020年02月18日 21:16

「アレルギー検査をしたら、この結果を見て驚いた…」とあるプリックテストの結果

 

すべてのものに対してアレルギー
花粉症、ハウスダストアレルギー、動物アレルギー、食物アレルギーなど、今や日本人の2人に1人は何らかしらのアレルギー体質を持っていると言われています。

プリックテストと呼ばれるアレルギー検査(少量のアレルゲンエキスをひっかき傷に触れさせて反応を見る)を受けたことがある人は多いかと思いますが、海外でこの検査を受けた人が仰天したとのこと。

その結果は……。

My friend is allergic to everything. from r/Wellthatsucks

なんと、全てに反応!

検査項目の全アレルゲンに対して、はっきりと陽性反応を示しています。

これでは避けなければいけないものが多すぎて、生活するのはつらそうですが……。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

(本人)実際にこれは僕が検査した結果で、すべてのアレルギーを持っていた。少し説明しておくと、
1.プリックテストは全項目を網羅しているわけではない(自分の経験では食物などは省かれていた)。一般的な猫、犬、花粉、ハウスダスト、カビなど。
2.個人的な体験では反応を示しても、多くのアレルゲンは日常生活で皮膚に入り込んでくるわけではない。おそらく冬眠して出てこないこともある。
たとえば犬でトラブルになったことはないけど検査は陽性と出た。猫を飼ったけど問題はなかった。
3.すべての検査結果で陽性と出たけど、自分のアレルギーは周りの友人らに比べてずいぶんマシである。
4.自分の検査した人が下手だった可能性もありえる。いったい何を皮膚の中に刺されたのかわからないので。
これらは個人的な体験なので、他の人はまた違う体験があるとは思う。

↑自分は猫の毛にアレルギーがあるけど1匹飼っている。少しずつアレルゲンに触れていると感度を減らすことができる。うちの猫にはライオンカットをしたので、かなり少ない毛しかない。そして何年か経つうちにかゆみ、赤み、目への刺激がすべて消えていった。

●自分も同く全部に陽性反応が出たけど、検査を行った看護師のラテックスのゴム手袋にアレルギーがあった。

↑なんてこった。

↑友人は検査に使う医療用テープにアレルギーがあった。

●自分の検査も全く同じようだった。1つだけ反応がなかったのはゴキブリだった。

●自分も似ている……。コーン、ピーナツ、ゴマ、白インゲンマメ、卵、ブラジルナッツ……。すべての種類の芝生、アルファルファ、ほとんどの木、ほとんどの雑草など。

●想像だけど、その検査は汚染されていたのかもね。

↑とりあえず二度目の検査をしたほうがいいね。すべてにアレルギーであるってのはちょっと疑わしい。

↑あるいは針アレルギーかもしれない。

↑検査器具がアレルゲンの可能性は考えられるね。それで間違った陽性反応を示す。

●自分はアレルギー検査で99%のスコアを出した最初の患者と言われたよ。唯一出なかったのは犬だった。花粉は最もひどくみみず腫れになっていた。

●自分にも同じ問題が出たね。彼らによると自分はグリセリンにアレルギーがあったようだ。それで検査は延期された。


この男性は、ひとつひとつのアレルギー症状は軽度なので、生活が成り立たないようなことはないとのこと。
また、検査まわりにアレルゲンが存在していると、誤った結果が出ることがあるようです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。