2020年02月19日 00:09

1957年の女子高生のハンドバッグが見つかる…当時のアメリカを感じる内容物が公開

 

1957年のハンドバッグ発見00
オハイオ州の学校のロッカーと壁のすき間に、70年近くも前のハンドバッグがはさまっているのを用務員の男性が見つけました。

学校側は持ち主を探すため内容物を公開、その結果、かつての女生徒のものだとわかりました。

1957年のハンドバッグ発見01
大量のほこりをかぶっていたものの、革製のハンドバッグの状態は良好。

用務員の男性が壁とロッカーの間のカバーを外したことで見つかりました。

1957年のハンドバッグ発見02
内容物は、文房具や化粧品、IDカード、家族の写真など。

持ち主は、当時の在校生であるパティ・ラムフォラさん。

1957年のハンドバッグ発見03
学校のアメフトのスケジュール表。

残念ながらパティさん本人は2013年に他界しているとのことですが、彼女の子どもたち5人が集まって確認しました。

若き日の母親の生活ぶりを感じ取ることができたと、感慨深げに語っています。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(8)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。