2020年02月28日 00:19

テキサス州の解体業者、間違えて古い家をペチャンコにする…家主「ウソでしょ」

 

解体業者が家を間違えて歴史ある家をぺちゃんこに00
起きてはならないことは、残念ながら往々にして起こってしまうものです。

アメリカ・テキサス州で、解体業者が手違いにより、古い民家をペチャンコにしてしまうミスを犯しました。


Mix-Up Leaves Wrong Home Demolished In Dallas - YouTube

解体業者が家を間違えて歴史ある家をぺちゃんこに03
誤って取り壊された男性宅は、数年前に亡くなった友人から譲り受けたという築97年の古い民家。

男性は引き継いだ古い家を保全し、今後もさまざまな改修を施す予定だったところに、突然「家はなくなった」と連絡を受けて呆然としたそうです。

解体業者が家を間違えて歴史ある家をぺちゃんこに04
どんな手違いがあったかは不明ですが、うっかり解体、撤去する専門業者。

解体業者が家を間違えて歴史ある家をぺちゃんこに01
ペチャンコにされ、跡形も無くなってしまった民家。

解体業者が家を間違えて歴史ある家をぺちゃんこに02
手向けとして添えられたお花が悲しい……。

この大失態に業者はただちに謝罪し、「この業界に35年いて、こうしたミスは初めてである」と釈明しています。

持ち主の男性と和解や解決策について相談する予定だそうですが、果たして落としどころはあるのでしょうか。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(5)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。