2020年03月06日 00:19

2年前に自然に戻された世界でただ1匹のアルビノのオランウータン、元気で生活していることが判明

 

アルビノのオランウータン
世界で唯一確認されているアルビノ(※)のオランウータン「アルバ」。
(※先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患で、全身が白く見える)

2017年にインドネシアでペットとしておりに入れられていたのを保護され、2018年末に自然に返されました。

その後の行く末を案じられていたアルバでしたが、自然界で元気に生きているのを発見したそうです。

アルバが発見されたのは、最近自然に返されたオランウータンを観察していたとき。

場所はインドネシア・カリマンタン島の熱帯雨林。

アルバはメスですが、巣を作りエサを見つけ、完全に自立したオランウータンとして生活していることが確認され、関係者はホッとしています。

オランウータンは基本的に単独で生活するとのことです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。