2020年03月10日 11:57

宇宙観測史上、最大級の爆発が起きていた…天文学者「巨大なブラックホールによるもの」

 

宇宙観測史上、最大の爆発00
地球から3億9000万光年離れた「へびつかい座」の銀河団で、ビッグバンで宇宙が誕生して以来、最大の爆発が起きていたことが明らかにされました。

超大質量のブラックホールによって引き起こされたものとみられています。

Record-breaking Explosion by Black Hole Spotted | NASA

宇宙観測史上、最大の爆発01
この空洞の大きさは、われわれの天の川銀河を15個を並べられるサイズ。

NASAのチャンドラX線観測衛星、オーストラリアの電波望遠鏡MWAなど複数の望遠鏡によって観測されたもの。

物質やエネルギーを飲み込むことで知られるブラックホールですが、それらを放出する性質も持っていると考えられており、これまで観測された最大級のものより5倍に相当。

実は2016年にもこの空洞は観測されていたのですが、あまりに巨大なことからブラックホールが原因かは懐疑的に見られていました。

今回の観測と研究によって「ありえない」と思われていた証拠が得られたとのことです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。