2020年03月22日 11:00

パニック買いが起きている欧米で「売れ残った食品」いろいろ

 

パニック買い騒動の中でも売れ残るもの00
新型コロナの影響により、欧米各地のスーパーで食料品が買えないほどのパニック買いが起きているニュースは、もう飽き飽きするほど目にしているかと思います。

逆に、そんな状況下でも買われないものがあるとしたら、何なのか気になるところではないでしょうか。

「売れ残った食品」をご紹介します。

1.

「パイナップル・ピザ」
イタリア人「われわれは全員死ぬかもしれない。だけど尊厳は手放さない! パイナップルは不要だ」

2.

ニューイングランドの店で「マンハッタン・クラムチャウダー」
(※クラムチャウダーはアメリカ東海岸ニューイングランドが発祥地。代表都市はボストン。
ニューイングランド風は牛乳ベースの白いクリームスープ。ボストンクラムチャウダーとも呼ばれる。マンハッタン風(ニューヨーク風)は赤いトマトスープ)

3.

「ブロッコリー・ピザ」

4.
パニック買い騒動の中でも売れ残るもの04
「カリフラワー・パスタ」

5.
パニック買い騒動の中でも売れ残るもの05
「塩なしポテトチップス」

6.

「ほうれん草パスタ」

7.
パニック買い騒動の中でも売れ残るもの06
「玄米」
アルゼンチンのブエノスアイレスより。外国人にはハードルが高いようです。

8.
パニック買い騒動の中でも売れ残るもの01
「ニンジン」
さすがに多すぎです、もっと小分けにすればいいのに……。

9.
パニック買い騒動の中でも売れ残るもの02
「ブロッコリーピザ&グルテンフリーピザ」

10.
パニック買い騒動の中でも売れ残るもの03
「コロナビール」
ええ、完全なるとばっちり&巻き込まれ被害ですとも。


販売されている以上は一定需要があるのでしょうが、確実に人を選ぶタイプの食品なのでしょうね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(3)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。